糸山英太郎の名言・格言|衆愚政治に陥る日本

このエントリーをはてなブックマークに追加

有権者のレベルが低いのか、候補者のレベルが低いのか、おそらく両方が低レベルを掛け合うこの衆愚政治につける薬はないものか?
日本国民は20歳になると精神的に幼児であっても選挙権を手にする。愛国心を持ち、政治経済・国際情勢に高い見識・判断力を有していなくても「誰でも一票」なのだ、選挙構造に問題があるとまで言わなければならないのだろうか。イギリスのチャーチルが「民主主義は最悪のシステムだ。しかし、それ以外のどのシステムよりもましだ」と60年前にのたまったがそろそろ有権者のレベルを上げることで民主主義の性能を上げてゆきたい。


糸山英太郎 の経歴

【糸山英太郎 いとやま・えいたろう】日本の政治家、実業家、相場師。1942年、東京都生まれ。 出生にまつわる劣等感から喧嘩と恐喝、酒と煙草に明け暮れ自主退学や放校を繰り返し暴力事件でたびたび警察の世話になった荒れた学生時代を過ごす。 大学を中退して日比谷商事に就職。入社1年目で独立するも顧客の裏切りで35万円の穴を作り、父に泣きつき新日本観光に入社。常務取締役関西支社長に昇進後、笹川良一の姪と結婚。資金的にも恵まれ、政界、投資にも進出していく。 現在、新日本観光等の会長。糸山政経塾を主宰し湘南工科大学の名誉総長及び名誉教授も務める。日本航空の個人筆頭株主、エグゼクティブアドバイザー。東京都知事の石原慎太郎とは親友である。自民党の公認で衆議院議員に3期当選している。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ