山内溥の名言・格言|任天堂がゲーム会社になったのは変わらざるを得なかったから

このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂は大きく変身したといわれるけども、それはわたしたちが、時代の変化を予測したとか、会社を大きくしよう、もっと儲かる仕事をしようなどと思ってやったことではないんですよ。花札やトランプは、もうこれ以上伸びないことがわかった。それならばこれからどうするのか、いったいどうしていいのか がわからない。経営者にとってこれほど苦しいことはない。そういう時代が長く続きました。そうしたときにマイコン革命が始まった。いやでもその道を行くし かなかった。ひたすらその道を歩みつづけた結果、任天堂自身が変わっていかざるを得なくなった。それだけのことなんですよ。


山内溥 の経歴

【山内溥 やまうち・ひろし】日本の実業家。玩具メーカー任天堂3代目社長。1927年、京都府生まれ。実業家。任天堂創業家出身。花札メーカーだった任天堂をテレビゲーム会社として再生させ世界的企業にした人物。 就任後、三度倒産の危機を経験するが、持ち前の決断力とカリスマ性そして"運"で乗り切り、ゲーム&ウォッチのヒット以降、無借金・高収益体制を確立。そ の後、ファミコンやゲームボーイなどその対応ソフトは世界中で売れ、任天堂を世界随一のエンターテインメント企業へ押し上げた。任期中から勇退する意向を 示していたが、2002年5月社長職から退任。現在は任天堂取締役相談役として新経営陣をパックアップする。以後の経営者は任天堂創業家以外から選ばれている。 趣味の一つである囲碁は六段の腕前。座右の銘は「失意泰然、得意冷然」。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ