ピーター・バーンスタインの名言_格言|債権をポートフォリオに含める意味はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

資本市場が一時的に不均衡状態に陥って、債券をポートフォリオに組み入れるチャンスが生まれることがある。あるいは、毎年比較的高水準に現金収入を必要とするポートフォリオの場合は債券に依存することもあるだろう。しかし、これらはあくまで例外的事態である。基本的には長期債件のリターンが株よりも低く、リスク削減効果の面で、現金より劣ることに変わりはない。債権をポートフォリオに組み入れるには明確な理由を必要とする。原則として、ポートフォリオの中に債券の居場所はない。


ピーター・バーンスタイン の経歴

投資家。成長株よりも成長企業の株に投資することを強く勧めている。ニューヨーク共同銀行などを経て、企業コンサルタントなどを務める。ジャーナル・オブ・ポートフォリオ・マネージメント社の創立者。投資リスクについて深く研究し、多くの投資家に大きな影響を与えた人物。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ