ウィリアム・グリーノフの名言_格言|老後生活金運用は購買力の維持を念頭に

1930年代のようなデフレ期には、年金や利子生活者は予想以上の実質所得を得てきた。だが逆に、1950年代に入ると、彼らの購買力は大きく落ち込んだ。そしてそれ以降、ドルの購買力が今と同じという保障はどこにもない。必要なのは価格水準が上がった場合でも十分な購買力を確保することだ。


ウィリアム・グリーノフ の経歴

TIAA傘下の株式特化型ファンドCREF(全米教師年金ファンド)設立の立役者。年金運用理論に関するスペシャリスト。彼の登場以前の教職員に対する年金運用は、債券に限定されていた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ