ウィリアム・グリーノフの名言_格言|年金プランの運用益はインフレ時の給付増に使うべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常の年金プランの一部は株式投資にあてられるが、株価の上昇は雇用者側の拠出削減にあてられることが多い。本来なら、インフレに備えて給付増に使われるべきだろう。給付額の保証がなければ、加入者も株価上昇のメリットを受けられる。株価が下落すれば、そのリスクを加入者自身が負うことになるが。


ウィリアム・グリーノフ の経歴

TIAA傘下の株式特化型ファンドCREF(全米教師年金ファンド)設立の立役者。年金運用理論に関するスペシャリスト。彼の登場以前の教職員に対する年金運用は、債券に限定されていた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ