エドワード・ジョンソン二世の名言・格言|投資家は となりの芝生の方が青いのではと常に自問せよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資先の会社の経営に携わる人たちは、業績の良いときも悪いときもその会社と運命を共にするが、私たち投資家はそうではない。常に隣の芝生はもっと青いのではないかと問い続けなければならない。その会社を変えることができるのはその会社の社員だけである。私たち投資家にはできない。


エドワード・ジョンソン二世 の経歴

米国の実業家、投資家。ボストンを本拠地とするフィデリティ・インベストメンツのオーナー経営者。資産残高500万ドルのファンドを3000億ドルまで殖やす。2006年のフォーブス世界長者番付57位に選ばれる。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ