スチュアート・ウォールトンの名言_格言|証券会社のセールスに乗らない

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗したのは営業の上手い口車に乗ってしまったときのことでした。ウォール街もっとも危険なツールはコミュニケーションです。私の担当は各証券会社のすばらしい営業マンでした。彼らは「スチュアート、これは注目する価値があるよ」などと言います。うまくいくかもしれないし、負け始めたらすぐに仕切れば言いなんて思っていると、気がついたときには20から30%も下落しているのです。今なお繰り返し学習しているところです。


スチュアート・ウォールトン の経歴

【スチュアート・ウォールトン】米国マッギル大学の大学院でMBAを取得。風刺漫画家を目指していたが断念し、資産運用会社へ就職。債券トレーダーとしてトレーディングの世界へ入る。その後、株式ブローカー・証券セールスマン・投資顧問会社のファンドマネジャーなどを行い独立。運用を一人で行うパーソナル・ヘッジファンドを立ち上げ、自分と顧客の資産を運用している。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ