マイケル・ラウアーの名言_格言|時価総額が低い銘柄の株価の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

どのタイミングで株価が上昇するのかを予測するのが私たちの仕事です。経験から言って、時価総額が低ければ低いほど、弱気と悲観論がその銘柄を取り巻いていればいるほど、マーケットの見方は早く変わりやすく、株価は上昇に転じやすくなります。


マイケル・ラウアー の経歴

【マイケル・ラウアー】大学でMBAを取得後、政府の情報機関などの職を経てオッペンハイマー証券入社。証券調査部に配属され多国籍企業とテクノロジー産業担当の証券アナリストとなる。その後、サイラス・J・ローレンスとキダー・ピーポディで証券アナリストとして働く。その間、機関投資家オールスター・アナリストに七年連続で選ばれる。その後ファンドを設立し、自ら陣頭指揮を執ってトレーディングを行っている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ