マイケル・ラウアーの名言_格言|選ぶべき株式と手仕舞うタイミング

このエントリーをはてなブックマークに追加

「12ヶ月以内に倍の株価レベルで」というのが私たちの標準的なターゲットです。その可能性がないと思う銘柄には興味がありません。通常私たちは、株価がまださらに20から30%は上昇すると考えている段階で手仕舞います。この時点で自問しなければならないのは、対リスク収益の面から見た、より有効な投資機会は他にないのかということです。


マイケル・ラウアー の経歴

【マイケル・ラウアー】大学でMBAを取得後、政府の情報機関などの職を経てオッペンハイマー証券入社。証券調査部に配属され多国籍企業とテクノロジー産業担当の証券アナリストとなる。その後、サイラス・J・ローレンスとキダー・ピーポディで証券アナリストとして働く。その間、機関投資家オールスター・アナリストに七年連続で選ばれる。その後ファンドを設立し、自ら陣頭指揮を執ってトレーディングを行っている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ