マーク・ミネルヴィニの名言・格言|自分のトレード記録の分析でわかったこと

全財産を失ってもトレードを続けて数年たったころ、自分のトレード内容を全部自分で分析しようと決めました。とくに興味があったのは、自分が売った株のその後です。損切りしたあとの株がさらに下がったのか、あるいは回復したのか。利食いした株がその後、高値を更新したのかどうかなど。この研究によってものすごい量の情報を得ることができました。最大の発見は、自分が負けポジションを長く持ちすぎていたってことです。


マーク・ミネルヴィニ の経歴

【マーク・ミネルヴィニ】米国の株式投資家。ドラマーになるために中学を中退し、いくつかのバンドを渡り歩き、スタジオミュージシャンとして活動するも目立った成果を上げることが出来ず挫折する。その後、株式市場に興味を引かれトレードを始める。株式トレーディングにドラムの練習以上にのめりこみ独自のトレーディング理論を構築。年間収益率155%を記録し全米トレーダー選手権で優勝するまでになる。徹底したリスク管理でマイナスになった四半期は1回。しかも1%のマイナスという守りに長けたトレードを行う人物。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ