スティーブ・コーエンの名言・格言|株式トレードでカタリストの鮮度に注意する

このエントリーをはてなブックマークに追加

何らかのカタリスト(触媒、値動きのきっかけとなる事柄)があってトレードをするとき、最初に確認することはその事柄がまだ有効なのかどうかということ。たとえば、一ヶ月ほど前、僕はIBMの収益発表が悲惨なものになることを見越して収益発表が行われる前に売り持ちにした。僕はIBM株を169ドルで空売りした。収益発表が行われ、びっくりするような数字だった。急激に187ドルまで上昇した株価でポジションを買い戻した。翌日マーケットは197ドルで寄り付いた。朝ま売りでポジションを持ち越さずにすんだことに感謝したよ


スティーブ・コーエン の経歴

【スティーブ・コーエン】米国の株式トレーダー。七年間平均年間複利収益率45%を誇る感覚派のトレーダー。ヘッジファンドSAC社の創業者。社内トレーダーたちに各々専門分野を持たせ、狭い分野に特化したトレーディングを行わせている。各自独立したアカウントで取引させつつも全体的にはチームプレーを重視する組織編制を行っている。高校時代から証券会社に入り浸る生活を送る。ウォール・ストリート・ジャーナルなどからも取材を受けている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ