アリ・キエフの名言・格言|手仕舞うときは一気に閉じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

一緒に働いたことのあるトレーダーの一人は、ポジションを手仕舞うと決めたとき、マーケットが自分の思っていた方向に進み続けた場合に備えて、常に少しだけ残すというやり方をしていました。差し引きすると、これら残りのポジションはマイナスとなっていました。彼が学ぶべきは、最初は不安でも、手仕舞うと心に決めたら全ポジションを閉じるということでした。


アリ・キエフ の経歴

【アリ・キエフ】米国の株式投資家。精神科医。ハーバード大学を卒業後、コーネル大学で医学博士号を取得。いくつかの病院で専門医実習を受けた後、コロンビア大学で研究を行う。米国オリンピックスポーツ医療委員会に選ばれた初の精神科医。トップアスリートに対しカウンセリングを行う。また、多くのトレーダーのカウンセリングも行っており、株式投資と心理との関係についての本を多数執筆している。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ