ラース・トゥヴェーデの名言・格言|テクニカル分析の大部分は理論の裏付けがない

このエントリーをはてなブックマークに追加

テクニカル分析は市場の構造とパターンを研究する技法である。実務家の大半は、金融資産の価格変動にしかるべきパターンが存在すると信じている。しかしこれは興味深く、愉快なことながら、実務家の書いた著書や論文には、彼らが示唆する研究法がなぜ有効であるのか、その理由を解明しようとしたものは、ほとんど見当たらない。大部分が適切な理論の裏づけを欠いたルールの羅列に過ぎない。


ラース・トゥヴェーデ の経歴

【ラース・トゥヴェーデ】 デンマーク生まれの投資家、ファンドマネジャー、経営者。王立デンマーク大学で工学修士号、コペンハーゲン・ビジネススクールで経営学修士号取得。以後証券会社に入社し、金融派生商品トレーダー、ポートフォリオマネジャー、インベストメント・バンカーなどのポストを経て、インターネット企業ファンタスティックコーポレーション社長、ヘッジファンド・ヨーロピアンフォーカスの重役。通貨・商品・株式など投資金融商品全般についてトレードの実践も含めた広い知識を持ち、投資家心理や金融恐慌についても研究を重ねている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ