ラース・トゥヴェーデの名言・格言|金融市場では情報よりも情報を知っている人がどう動くかが重要

私たちは金融市場で多くの情報がまったく無価値であることを正直知っている。私たちが一片の情報を自らの投資に役立てようと言う場合には、その前にその情報を知り理解する者が他にほとんどいないことを確かめる必要がある。重要なのは情報そのものではなく、その情報へのアクセスを持った、あるいは持たない人々がどのように行動するかと言う点である。


ラース・トゥヴェーデ の経歴

【ラース・トゥヴェーデ】 デンマーク生まれの投資家、ファンドマネジャー、経営者。王立デンマーク大学で工学修士号、コペンハーゲン・ビジネススクールで経営学修士号取得。以後証券会社に入社し、金融派生商品トレーダー、ポートフォリオマネジャー、インベストメント・バンカーなどのポストを経て、インターネット企業ファンタスティックコーポレーション社長、ヘッジファンド・ヨーロピアンフォーカスの重役。通貨・商品・株式など投資金融商品全般についてトレードの実践も含めた広い知識を持ち、投資家心理や金融恐慌についても研究を重ねている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ