ラース・トゥヴェーデの名言・格言|ダメな投資家が間違った判断をやめない心理的原因

人々は過去の賢明ではない取引の償いをしようと、非常にしばしば以前に間違って売ってしまった価格で買い戻す。あるいは以前買った価格で売る。あえてそんな取引をするのは、過去の取引の数字を無罪放免してやろうという願望からで、株式のファンダメンタル価格や市場の動向を評価してのことではない。自ら犯した間違いに直面するのを回避したいという自己防衛行動だ。


ラース・トゥヴェーデ の経歴

【ラース・トゥヴェーデ】 デンマーク生まれの投資家、ファンドマネジャー、経営者。王立デンマーク大学で工学修士号、コペンハーゲン・ビジネススクールで経営学修士号取得。以後証券会社に入社し、金融派生商品トレーダー、ポートフォリオマネジャー、インベストメント・バンカーなどのポストを経て、インターネット企業ファンタスティックコーポレーション社長、ヘッジファンド・ヨーロピアンフォーカスの重役。通貨・商品・株式など投資金融商品全般についてトレードの実践も含めた広い知識を持ち、投資家心理や金融恐慌についても研究を重ねている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ