ラース・トゥヴェーデの名言・格言|間違った投資判断は心理的要因による

このエントリーをはてなブックマークに追加

小口の投資家は通常、有利なポジションを早々に手仕舞う。一方で不利なポジションは持ち続けるという事実が見られる。この事実に対するほとんどの責任も心理的自己防衛にある。手仕舞ったポジションから自分の勘定に振り込まれた現金を見ると気分がウキウキするが、現在のところは損が発生していると認識するだけでは敗北感を感じない。損失が損切りで確定されない限り、本当に損が出たとは感じない。どんなに不合理に見えようとも、彼はこう考える。


ラース・トゥヴェーデ の経歴

【ラース・トゥヴェーデ】 デンマーク生まれの投資家、ファンドマネジャー、経営者。王立デンマーク大学で工学修士号、コペンハーゲン・ビジネススクールで経営学修士号取得。以後証券会社に入社し、金融派生商品トレーダー、ポートフォリオマネジャー、インベストメント・バンカーなどのポストを経て、インターネット企業ファンタスティックコーポレーション社長、ヘッジファンド・ヨーロピアンフォーカスの重役。通貨・商品・株式など投資金融商品全般についてトレードの実践も含めた広い知識を持ち、投資家心理や金融恐慌についても研究を重ねている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ