ラース・トゥヴェーデの名言・格言|市場の変化に脊椎反射しない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ときに相場は抵抗圏を突き破って、断固として上昇を始める。初期の局面では、ほとんどの投資家はこれを新しいランダムな変動で、近いうちに訂正されると見る。そのため、多くの投資家は予想外の値上がりから急いで利食いをしようとする。しかし、新たな買いが入り、しばらくためらったあと、相場はまた上昇し始める。市場の地合は変化し、以前の売り手は利食いしたことを後悔して、まあまあの価格なら再び参入する機会を望み始める。トレンドが確立し、皆の予想以上に長期継続することがある。


ラース・トゥヴェーデ の経歴

【ラース・トゥヴェーデ】 デンマーク生まれの投資家、ファンドマネジャー、経営者。王立デンマーク大学で工学修士号、コペンハーゲン・ビジネススクールで経営学修士号取得。以後証券会社に入社し、金融派生商品トレーダー、ポートフォリオマネジャー、インベストメント・バンカーなどのポストを経て、インターネット企業ファンタスティックコーポレーション社長、ヘッジファンド・ヨーロピアンフォーカスの重役。通貨・商品・株式など投資金融商品全般についてトレードの実践も含めた広い知識を持ち、投資家心理や金融恐慌についても研究を重ねている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ