ラース・トゥヴィーデの名言・格言|強気相場が反転する舞台裏で起こっている変化

強気相場は比較的少数の人々が先行き好転の兆しを察知することからスタートする。彼らの買いによって、他の者たちは彼らの立場を知る。価格が上昇すると、メディアや一般大衆が興味を示す。この値上がりには何かの理由があるに違いないと考えるわけだ。順応的態度の出番が回ってきて、株取引にほとんど関心のなかった多くの者が株に手を出し始める。うまくいくと、隣人にそれを話す。今度は隣人の番で、いまなすべきことは株を買うことだと決意しバンドワゴンに飛び乗る。


ラース・トゥヴェーデ の経歴

【ラース・トゥヴェーデ】 デンマーク生まれの投資家、ファンドマネジャー、経営者。王立デンマーク大学で工学修士号、コペンハーゲン・ビジネススクールで経営学修士号取得。以後証券会社に入社し、金融派生商品トレーダー、ポートフォリオマネジャー、インベストメント・バンカーなどのポストを経て、インターネット企業ファンタスティックコーポレーション社長、ヘッジファンド・ヨーロピアンフォーカスの重役。通貨・商品・株式など投資金融商品全般についてトレードの実践も含めた広い知識を持ち、投資家心理や金融恐慌についても研究を重ねている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ