ピーター・ドラッカーの名言・格言|成果を上げる仕事に専念する

ものごとをなすべき者の仕事は、成果を上げることである。ものごとをなすということは、成果を上げるということである。企業、病院、政府機関、労働組合、軍隊のいずれにあろうとも、そこに働くものは常に、なすべきことをなすことを期待される。それにもかかわらず、ものごとをなすべき者のうち、大きな成果を上げている者は少ない。


ピーター・ドラッカー の経歴

【ピーター・ドラッカー】米国の経営学者、社会学者、コンサルタント。1909年、オーストリア生まれ。ドイツフランクフルトの「フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー」紙の記者になる。その後、フランクフルト大学にて法学博士号を取得。このころ、A・ヒトラーやゲッベルスをたびたびインタビューする。自ら発表した論文がヒトラー率いるナチスの怒りを買うことを確信し、イギリスロンドンに移住し、ケインズの講義を直接受け、イギリスの投資銀行に勤める。アメリカに移住し、アメリカ政府の特別顧問に就任した後、ニューヨーク大学教授となる。 日本から勲三等瑞宝章を授与された後、クレアモント大学大学院教授となり、アメリカ政府から、民間人への最高位の勲章である自由勲章を授与される。経営マネジメントの生みの親と呼ばれ、現在でも多くの経営者に信奉される。 2005年、カリフォルニア州クレアモントの自宅にて老衰のため死去。95歳没。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ