ピーター・ドラッカーの名言・格言|大幅に成果を引き上げたいなら、能力の向上に専念する

仕事や成果を大幅に改善するための唯一の方法は、成果を上げるための能力を向上させることである。際立って優れた能力を持つ人を雇うことはできる。あるいは際立って優れた知識を持つ人を雇うこともできる。だが、いかに努力したとしても、能力と知識の向上に関しては、大幅な期待をすることはできない。もはや、これ以上は不可能か、あるいはすくなくとも効果のあまりないような限界に達している。新種のスーパーマンを育てることはできない。現在の人間を持って、組織をマネジメントしなければならない。


ピーター・ドラッカー の経歴

【ピーター・ドラッカー】米国の経営学者、社会学者、コンサルタント。1909年、オーストリア生まれ。ドイツフランクフルトの「フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー」紙の記者になる。その後、フランクフルト大学にて法学博士号を取得。このころ、A・ヒトラーやゲッベルスをたびたびインタビューする。自ら発表した論文がヒトラー率いるナチスの怒りを買うことを確信し、イギリスロンドンに移住し、ケインズの講義を直接受け、イギリスの投資銀行に勤める。アメリカに移住し、アメリカ政府の特別顧問に就任した後、ニューヨーク大学教授となる。 日本から勲三等瑞宝章を授与された後、クレアモント大学大学院教授となり、アメリカ政府から、民間人への最高位の勲章である自由勲章を授与される。経営マネジメントの生みの親と呼ばれ、現在でも多くの経営者に信奉される。 2005年、カリフォルニア州クレアモントの自宅にて老衰のため死去。95歳没。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ