ピーター・ドラッカーの名言・格言|4・5年ごとに知識を入れ替えるか、時代遅れになるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい組織社会では、知識を有するあらゆる者が、4・5年おきに新しい知識を仕入れなければならない。さもなければ時代遅れとなる。このことは、知識に対して最大の影響を与える変化が、その知識の領域で起こるようになっていることからも、重大な意味を持つ。新しい知識を生み、古い知識を陳腐化させるものは、科学や技術とは限らない。社会的なイノベーションのほうが大きな役割を果たすことが多い。


ピーター・ドラッカー の経歴

【ピーター・ドラッカー】米国の経営学者、社会学者、コンサルタント。1909年、オーストリア生まれ。ドイツフランクフルトの「フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー」紙の記者になる。その後、フランクフルト大学にて法学博士号を取得。このころ、A・ヒトラーやゲッベルスをたびたびインタビューする。自ら発表した論文がヒトラー率いるナチスの怒りを買うことを確信し、イギリスロンドンに移住し、ケインズの講義を直接受け、イギリスの投資銀行に勤める。アメリカに移住し、アメリカ政府の特別顧問に就任した後、ニューヨーク大学教授となる。 日本から勲三等瑞宝章を授与された後、クレアモント大学大学院教授となり、アメリカ政府から、民間人への最高位の勲章である自由勲章を授与される。経営マネジメントの生みの親と呼ばれ、現在でも多くの経営者に信奉される。 2005年、カリフォルニア州クレアモントの自宅にて老衰のため死去。95歳没。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ