榊原英資の名言・格言|市場の陰謀説は苦し紛れの粗雑な物語に過ぎない

情報がない人が作る陰謀説。結局のところ陰謀説は推理小説的な面白さはあっても、実情は中途半端な情報しか持っていない人たちが、苦し紛れに描く粗雑な市場解釈物語にすぎないと言えます。知的態度としては、真実の探求をどこかで捨ててしまった退廃的なものを感じざるを得ません。


榊原英資 の経歴

【榊原英資 さかきばら・えいすけ】日本の官僚。経済学者。東京大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省。その後ミシガン大学で経済博士号取得。財務長官などを経て、慶應義塾大学グローバル・セキュリティー・センター所長。青山学院大学教授。国際金融論を専門としている。大蔵省時代から経済学の専門書を執筆。1995年の超円高を為替介入で鎮め、ミスター円という愛称で呼ばれる。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ