榊原英資の名言・格言|ヘッジファンドは先回りして売り抜ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッジファンドの動きが全体的な流行になってくると、同じファンドでも年金基金、それに投資銀行などが現れます。最後に日本の生保などの機関投資家が登場してくる。そのときには、ヘッジファンドはもう別の仕掛けに動いています。コンセンサス型の日本の組織では、耳寄りの情報をキャッチしても現場の判断で即応することはできません。リスクをとるには社内の同意が必要であるため、どうしても対応が遅くなってしまうのです。


榊原英資 の経歴

【榊原英資 さかきばら・えいすけ】日本の官僚。経済学者。東京大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省。その後ミシガン大学で経済博士号取得。財務長官などを経て、慶應義塾大学グローバル・セキュリティー・センター所長。青山学院大学教授。国際金融論を専門としている。大蔵省時代から経済学の専門書を執筆。1995年の超円高を為替介入で鎮め、ミスター円という愛称で呼ばれる。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ