渡邉美樹の名言・格言|居酒屋経営の素人だったから成功できた

僕は素人だったから、居酒屋だからこのぐらいのサービスとか、居酒屋だからこのぐらいの商品という概念がなかった。僕が自分の中に作った法律は一つだけ。「自分がお客様だったらどうしてほしいかを考えて、それを実行する」ということだけなんです。それを一切の妥協抜きでやり抜こうと思った。お客様はみんなわがまま。そのわがままに120%応えようということを徹底してやったんです。


渡邉美樹 の経歴

【渡邉美樹、わたなべ・みき。ワタミ株式会社創業者。父が事業家で幼少期から経営者を志し、明治大学商学部卒業直前に世界中をまわり外食産業で起業することを決意。大学卒業後、経営コンサルタント会社で1年間経理を学び、事業資金を得るために佐川急便のセールスドライバーになる。その後、起業資金300万円を貯め、つぼ八のフランチャイズ店のオーナーとなる。フランチャイズで大きな利益を上げ、ワタミフードサービスを設立し居酒屋和民を全国展開する。東証一部上場を果たす。農業、介護、環境などの事業にも乗り出している。また教育分野にも熱心で郁文館学園に私財一億円を投じ、かつ経営に参加し負債30億を抱えていた同校を再建している。】

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ