樋口廣太郎の名言・格言|社長自ら営業の最前線に立つ

最初はずいぶん惨めな思いをしましたね。現在ではどこのお店でもアサヒビールを置いていただけていますが、そのころは首都圏でアサヒビールを扱っていただける小売店さんは二軒に一軒しかなかったんです。私はジャンパーをはおって、小売店回りをしたんですが「アサヒの樋口ですが」といっても、一介の営業マンのように扱われました。そんなことはありましたが、とてもエキサイティングなことが多かったし、実にビール業界は面白いところだと思いました。義理人情があって、毎日が感激感動で本当に楽しかった。


樋口廣太郎 の経歴

【樋口廣太郎、ひぐち・ひろたろう】アサヒビール社長。アサヒスーパードライなどのヒット商品を生み出しアサヒビールの発展に貢献した人物。東京大学卒業後、住友銀行入行。56歳で副頭取まで上り詰める。その後、経営危機に陥っていたアサヒビール社長に就任。製造後半年以上経ったビールをすべて回収廃棄する損切り経営や、新商品開発などを行いアサヒビールを復活させた人物。会社を大きくするより、良い会社を目指すグッドカンパニー思想が多くの経営者に影響を与えた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ