樋口廣太郎の名言・格言|損切りこそディーリングで成果を出すコツ

私は住友銀行の専務から副頭取の時代に国際部門を担当していたのですが、この損切、つまり捨てることの大事さというのはそのときに覚えたんです。住友の国際部門の業績が都銀の中でもダントツになったことがあるんですが、それは住友が事業部制になっていて、ディーリングで思い切った損切ができたからなんです。損を切ってしまうと、深手を負わなくてすみ、相場を冷静な目で見ることができるようになる。


樋口廣太郎 の経歴

【樋口廣太郎、ひぐち・ひろたろう】アサヒビール社長。アサヒスーパードライなどのヒット商品を生み出しアサヒビールの発展に貢献した人物。東京大学卒業後、住友銀行入行。56歳で副頭取まで上り詰める。その後、経営危機に陥っていたアサヒビール社長に就任。製造後半年以上経ったビールをすべて回収廃棄する損切り経営や、新商品開発などを行いアサヒビールを復活させた人物。会社を大きくするより、良い会社を目指すグッドカンパニー思想が多くの経営者に影響を与えた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ