北浜流一郎の名言 格言|株式銘柄選びは収益還元モデルを中心に

異常な投資環境にあっても、株価の変動要因である「収益還元モデル」は生き続けています。ユニ・チャームや伊藤園、日本電産などの株価が上がり続けたのは、企業収益の成長率がプラスであり、しかも割引率以上であるところにあります。この条件を満たしていない銘柄も上がることはあります。しかしそれは読みにくいのです。読みにくいということは投資しにくいということ。反対に条件を満たしていれば読みやすくなります。


北浜流一郎 の経歴

【北浜流一郎、きたはま・りゅういちろう】日本の株式アドバイザー。夕刊フジ、日本証券新聞、投資レーダー、マネージャパン、マネープラス、日経マネーなどにコラムを掲載し、株式評論家として120冊以上の著作を出版している人物。また、ラジオNIKKEIで投資に関する番組ファイナンシャルBOXを受け持っている。投資家育成のため証券スクール・オブ・ビジネスを開催している。ブログやメルマガでも活発に情報発信を行っている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ