エドワード・チャンセラーの名言 格言|歴代バブルの共通点

オランダのチューリップ投機には、のちの株式市場の投機ブームとの共通点がいくつもある。噂がブームを煽ったこと。裏付けのない信用と先物取引の利用によって、梃率効果(レバレッジ)の高い取引が急速に拡大したこと。投機家の間で衒示的消費が盛んになったこと。価格が急激に上昇した後、さしたる理由もなく突然、パニックになったこと。政府が当初は静観の構えをとり、手遅れになってから介入したことなどである。


エドワード・チャンセラー の経歴

【エドワード・チャンセラー】米国の投資歴史家、フリージャーナリスト。ケンブリッジ大学およびオックスフォード大学で歴史学を専攻。卒業後投資銀行ラザーズに勤務。同投資銀行退職後、フリーランスのジャーナリストとなり米国投資紙ファイナンシャル・タイムズ紙、エコノミスト誌などに記事を寄稿する。とくに投資バブル史についてまとめた著書「バブルの歴史 チューリップ恐慌からインターネット投機へ」(日経BP)は投資関連本の大ベストセラー・超ロングセラーとなり、いまでも投資家必読書としての地位を保っている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ