ウォーレン・リヒテンシュタインの名言・格言|日本の投資家と経営側の関係を変えたい

私はプライバシーを大事にするが、もう少し日本を啓蒙したいと思って公の場に出てきた。日本の事前警告型の買収防衛策は世界の中で最悪。他の国なら違法行為にあたる(覚書き|ブルドックソース買収時に経営側から強い抵抗を受けた時の発言)


ウォーレン・リヒテンシュタイン の経歴

【ウォーレン・リヒテンシュタイン】米国の投資家。ニューヨークに籍を置くヘッジファンド スティールパートナーズの代表。 1990年代にタックス・ヘイヴンであるケイマン諸島にいくつかの投資ファンドを設立し、巨額の利益を得る。そのうちのひとつが現在のスティールパートナーズである。必要なときは株主の権利を行使して経営に口を出す株主本来の仕事をすることでも有名。 日本では2007年ブルドックソースに対し事前通告で株式を通した買収を行おうとするも経営側から猛反発を食らった件が有名。 「日本の事前警告型の買収防衛策は他の国なら違法」「新株予約権(ポイズンピル)は株主を差別するもの」「日本の株主や投資家を教育(啓蒙)したい」といったコメントを発した。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

ページの先頭へ