チャーリー・マンガーの名言・格言|現代金融理論を頭から取り外す

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々は、フェルマーやパスカルが現代金融理論をきいたことがないかのように考えようと努めている。(覚書き|足かせとなる常識を忘れ、自ら考えるという意味)


チャーリー・マンガー の経歴

【チャーリー・マンガー】米国の投資家。ウォーレン・バフェットの長年のパートナー。バークシャー・ハサウェイコーポレーションの副会長。1924年、ネブラスカ州生まれ。バークシャー・ハサウェイの子会社ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーションの会長。ハーバード大学卒業後、Tolles & Olson LLPで不動産の弁護士としてマンガー法律事務所を作り働くが、投資マネージメントに集中するため法律の実務をやめる。 バークシャー・ハサウェイ株式500株をスタンフォード大学にスタンフォード大学ロー・スクールのための集合団地を建設するために寄付。 80歳を過ぎているにもかかわらず、マンガーの心は極めて賢明な状況である。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ