ピーター・リンチの名言・格言|金持ち投資家と一般人の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの人は、株式投資よりも電子レンジを買うことのほうに、より多くの時間をかけるのである。(覚書き|一般人はより安くて良い電子レンジを探して買おうとするが、金持ち投資家はより安くて優良な株式銘柄を買おうとするという趣旨の発言)


ピーター・リンチ の経歴

【ピーター・リンチ】米国の株式投資家。ボストン大学を経て、ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBA(経営学修士)を取得。 アメリカ陸軍へ入隊暦もある。フェディリティ・インベストメンツに証券アナリストとして入社し、退社するまでの13年間にマゼラン・ファンドの運用で同ファンドを2000万ドルから140億ドルへ増大させる。 リンチは「自分の知っているものに投資する」「日々の生活から見つける 」「テンバーガー(購入した10倍の価格になる株式銘柄のこと)」などの現代的個人投資戦略の最も有名な格言を作った。とくに綿密な企業分析を行い優良銘柄を探し出し長期運用する手法を好んだ。 現在はフィデリティ・インベストメンツのリサーチ・コンサルタントで彼の株の選択はその会社の主要なマーケティング・ツールでもある。 一方で事業活動に多くの時間を集中させている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ