隅田浩の名言・格言|トレード手法を尋ねられた時の返答

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はなんでもやります。限られたトレード資金の中で、どれだけ効率よくパフォーマンスを上げるかが重要だからです。つまり、 マーケットに合わせて今はスペキュレーションをする時なのか、それともポジショントレードなのかアービトラージなのかをアレンジします。


隅田浩 の経歴

【隅田浩 すみだ・ひろし】日本の株式投資家、先物トレーダー。医者を志望していたが、家庭の事情もあり高校卒業後、和光証券に就職。4年後に家業を継ぐため退職したものの、やがて再び証券界に戻ることを決意、極東証券に入社。 配属された名古屋証券取引所立会場での自己取引で実績を挙げ、シンガポールでのトレードも始めた。 以降、極東証券のトレーダーとして常勝伝説を作った後、自身のファンドを立ち上げた。国内でもっとも大きな株式先物市場である日経平均先物市場で2割近い売買シェアを誇るビッグプレイヤーで、市場で大口の売買が成立するたび「また隅田氏か?」といわれるほどの人物。 カリヨン証券(インドスエズ証券)を通して売買することから、「インド」或いは「ヨン様」と呼ばれている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ