本間宗久の名言・格言|相場が下落してきたら疑いを振り切って買う

このエントリーをはてなブックマークに追加

米段々下げ、上方相場替わること無く、諸国並びに最上払い物沢山の風聞、人気も揃い弱く、何程下がるも知れ難く、我が考えも弱かるべしと思う節、 心を転じ買いに入るべきなり、この思い切り、海中へ飛び入る心持ち、はなはだ成りにくきものなれども、其の節疑いの気を生ぜず買うべし、極めて利運なり。 下げと見込む時、思い入れの通り下がるものなれば心易きものなれども、人気下がると片寄る時、かえって上げるもの故、考えに及ばざるなり。上げも同断、す なわち海中に飛び込む心待ち、極意なり。


本間宗久 の経歴

【本間宗久 ほんま・そうきゅう、むねひさ】江戸時代、日本の投資家、投機家、相場師。現在でも使われている投資チャート分析手法の酒田五法の考案者。1724年、山形藩酒田生まれ(現在の山形県酒田市)。 23歳の時、酒田の豪農本間家の養子となる。 大阪の米相場で才能を発揮。後に江戸に移り、ここでも成功し、「相場の神様」「出羽の天狗」と称される。その活躍ぶりは、『酒田照る照る、堂島曇る、江戸の蔵米雨が降る。』『本間さまには及びもないが、せめてなりたや殿様に』といった唄が流行るほどであった。 酒田五法を考案し、テクニカル分析の先駆者の一人として名高い。「宗久翁秘録」「酒田戦術詳解」「本間宗久相場三昧伝」といった書物が、宗久の手になるものとして現在に伝わるが、明治以降にまとめられたものとの説もある。 本間家は宗久の作った財をもとに日本最大の地主となっていく。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ