本間宗久の名言・格言|相場での仕掛け時は一年に数回しかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

年中の内、両三度より外、商い致すところこれ無きものなり。この米、二三ヶ月も上がる下がる、とくと見きわめ、買い気ならば買い気立て抜くように、その間の高下に迷わず、立羽(市況・トレンド)を定め申すべきことなり。それとも少しにても心もとなきことあらば、幾月も見合わせ、図に当たる頃仕掛くべし。時々、気を転じ候ては利を得ることならざるなり。


本間宗久 の経歴

【本間宗久 ほんま・そうきゅう、むねひさ】江戸時代、日本の投資家、投機家、相場師。現在でも使われている投資チャート分析手法の酒田五法の考案者。1724年、山形藩酒田生まれ(現在の山形県酒田市)。 23歳の時、酒田の豪農本間家の養子となる。 大阪の米相場で才能を発揮。後に江戸に移り、ここでも成功し、「相場の神様」「出羽の天狗」と称される。その活躍ぶりは、『酒田照る照る、堂島曇る、江戸の蔵米雨が降る。』『本間さまには及びもないが、せめてなりたや殿様に』といった唄が流行るほどであった。 酒田五法を考案し、テクニカル分析の先駆者の一人として名高い。「宗久翁秘録」「酒田戦術詳解」「本間宗久相場三昧伝」といった書物が、宗久の手になるものとして現在に伝わるが、明治以降にまとめられたものとの説もある。 本間家は宗久の作った財をもとに日本最大の地主となっていく。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ