是川銀蔵の名言・格言|商売で成功するためのパターン

このエントリーをはてなブックマークに追加

買って、売って、休む。これが商売で成功する三筋道なのだ。これはまさに株で相場を張ると同じ呼吸なのである。


是川銀蔵 の経歴

【是川銀蔵 これかわ・ぎんぞう】日本の投資家、相場師。最後の相場師と称される人物。激動の時代に翻弄されながらも、時には目の前の金をドブに捨てることも厭わない信念と人間味にあふれた人生を送る。是銀の愛称で親しまれる。 幼少期に貿易会社に丁稚奉公に出される。その後、関東大震災後に仮設住宅用のトタン板の販売などで初めての財を築く。 恐慌を経験し経済・投資、世界情勢について独学を開始する。 1933年に大阪堂島で「昭和経済研究所」(後の是川経済研究所)を設立。1938年に朝鮮半島に是川鉱業を設立。従業員1万人を雇用する朝鮮有数の大企 業となった。相場師として市場で話題となったのはすでに晩年となった昭和50年代に入ってからで1976年の日本セメント、1979年の同和鉱業、1982年の不二家、1983年の丸善石油、平和不動産の株買い占め、仕手戦で名前が知られた。最も良く知られたものは1981年から1982年にかけて の住友金属鉱山の仕手戦であった。最終学歴は小学校卒。晩年は私財で交通遺児などの支援を行う是川奨学財団を設立。社会福祉に力を入れた。相場師には珍しく終始質素な生活を旨としていた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ