野村徳七の名言・格言|企業家の本来の役目

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業を経営するのに、危険を恐れすぎて九割九分までの確実性を要求するのは不可である。むしろ多くの人に変わって合理的に危険をおかすことにこそ、企業家の本分がある。


野村徳七 の経歴

【野村徳七 のむら・とくしち】日本の実業家。初代とその息子の2代目徳七がいる。 1878年、大阪府生まれ。両替商の初代の長男で野村財閥を築いた二代目。幼名は信之助。 大阪市立商業学校に入学。予科在学中に肺炎になり休学。本科への進学は断念し家業に専念する。 野村商店(後の大阪屋証券、現コスモ証券)は公債や株式を扱うようになり1907年、信之助が徳七を襲名し運営。進歩的な営業方針や学校で教育を受けた人材を積極的に採用するなどして、日露戦争、第一次世界大戦の相場で大きな利益を得る。 1918年には、大阪野村銀行(後の大和銀行、現在のりそな銀行)を設立、証券部は野村證券として独立する。 野村財閥の創始者として大阪野村銀行、野村證券の他、野村合名会社、野村東印度殖産会社の社長、大阪瓦斯、福島紡績等の取締役を務めた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ