ジョン・メイナード・ケインズの名言・格言|無用の長物

このエントリーをはてなブックマークに追加

船は、港にいれば安全だがそれでは船の用をなさない。


ジョン・メイナード・ケインズ の経歴

【ジョン・メイナード・ケインズ】米国の経済学者、ジャーナリスト、思想家、投資家、官僚。1883年、イギリス生まれ。20世紀学問史において最重要人物の一人とされる。経済学において有効需要の概念を着想しケインズサーカス(ケインズが主催した若手学者集団。多数のノーベル経済学賞受賞者を輩出)を率いてマクロ経済学を確立させた。ケンブリッジ大学を卒業後、インド省に勤務。ケンブリッジ大学で貨幣論を研究した後、特別研究員として金融論を担当。その後大蔵省に勤務する。パリ講和会議に参加し、対独賠償要求に反対して辞任し「平和の経済的帰結」を発表。その後、『貨幣改革論』『チャーチル氏の経済的帰結『自由放任の終わり』『貨幣論』『雇用・利子および貨幣の一般理論』を次々と発表する。1941年にはイングランド銀行理事に就任し、その後、IMFおよびIBRDの総裁に就任する。 フランクリン・ルーズベルト大統領のニューディール政策成功以降、全世界の経済政策でケインズの理論が使われるようになる。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ