ジョージ・ソロスの名言・格言|ソロスの投資を成功させた3つの基礎概念

このエントリーをはてなブックマークに追加

奇妙に思われるかもしれないが、ビジネスと慈善事業における私の行動の大部分の基礎をなす三つの主要概念とは、「誤謬性(すべては間違いを犯す傾向があることを前提とすること)」「相互作用性(一つの現象が他の現象の引き金になる因果関係)」「開かれた社会」である。このような抽象名詞は政治や金融の日常的世界とは遠くかけ離れたようなものに思われるかもしれない。


ジョージ・ソロス の経歴

【ジョージ・ソロス】米国の投資家。世界三大投資家の一人。1930年、ハンガリー・ブダペシュット生まれ。ファシストの脅威から逃れるため名前を変える。改名前はシュヴァルツ・ジェルジ。ユダヤ人の投機家、株式投資家、慈善家、哲学者。自由主義的な政治運動家としても知られる。イングランドに移住後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業する。ウォール街で著者と哲学者として自立するのに十分なお金を稼ぐためアメリカに 移り、ジム・ロジャーズとともにクォンタム・ファンドを設立する。ファンドは10年間で3,365%のリターンを出してソロスの富の大部分を形成した。ソロス・ファンド・マネージメントの設立者で、現在はOpen Society Institute (en) の会長を務める。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ