渋沢栄一の名言・格言|今の逆境が自分のせいか社会環境のせいか区別し対策を練る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただ順逆を立つる人は、よろしくそのよって来るゆえんを講究し、それが人為的逆境であるか、ただしは自然的逆境であるかを区別し、しかる後これに応ずるの策を立てねばならぬ。


渋沢栄一 の経歴

【渋沢栄一 しぶさわ・えいいち】幕末から昭和初期までの実業家、銀行家、官僚。日本5大財閥渋沢財閥設立者。第一銀行などの創設者。農民から侍、そして大蔵省官僚を経て実業家になった人物。合本主義(株式のように資本を大人数で出資し事業を支援するという考え)を唱えた日本の銀行業と株式市場の父。兜町に銅像が建っている。 1840年、現在の深谷市血洗島(ちあらいじま)の農家に生まれた。尊皇攘夷運動に加わわるも、後に一橋家および幕府に仕え、1867年に、第15代将軍 徳川慶喜の名代徳川昭武に随行して渡欧。約1年滞在は、ヨーロッパの進んだ思想・文化・社会に大きな影響を受けたと言われる。 帰国後、大隈重信の説得により明治新政府の大蔵省に仕え、財政の整備に当ったが、大久保利通らと財政運営で意見が合わず辞職。以後は一般社会で実業界の最 高指導者として活躍した。「論語」の精神を重んじ「道徳経済合一説」(どうとくけいざいごういつせつ)を唱え、各種産業の育成と多くの近代企業の確立に努 め、第一国立銀行創立をはじめ日本鉄道会社、サッポロビール、王子製紙、日本郵船、日本鉄道などの創立に参画。設立に関わった企業は500余に及んだ。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ