松井道夫の名言・格言|政府保証は信用しない方がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本円は捨てられる。デフレの時代であれば、キャッシュは持っているだけでドンドン価値を生んできた。でもそれは日本政府の保証があるという「おカネ」。ヘタをすると、こんなにリスクのあるものはない。日本政府の信用をバックにしたものからはなるべく逃避した方がいい。日本円じゃないものに資産を逃避させるという考え方がものすごく大事。日本国がベースになっているものは、とりあえずはずせ、ということ。国債なんて論外。日本円の紙幣を持つのもなるべく必要最小限にした方がよい。日本という国は信用しない方がいい。


松井道夫 の経歴

【松井道夫 まつい・みちお】第4代松井証券社長。松井証券のオンライン化を推し進め企業改革を行う。1953年、長野県生まれ。 一橋大学経済学部卒業後、日本郵船に入社する。松井証券2代目社長の長女と結婚、婿養子となり、松井証券に入社。 取締役法人部長、常務取締役営業本部長を経て、1995年代表取締役社長に就任。 本格的なネット証券事業に参入して、松井証券を信用取引で業界トップにする。 その後、ネット証券評議会会長。また、オンライン商品先物会社ドットコモディティの取締役を退任し、本業に専念する構えを見せている。 疎遠となっていた日本証券業協会のインターネット証券評議会議長就任し、同協議会の証券戦略会議のメンバーにも選任される。 著書「おやんなさいよでもつまんないよ 」「みんなが西向きゃ俺は東」など。辛辣かつ包み隠さない正直な言動に多くのファンを持つ。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

前後の記事

ランダム表示


株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ