「アンディ・ベクトルシャイム」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンディ・ベクトルシャイムのプロフィール

【アンディ・ベクトルシャイム】コンピュータ技術者、実業家。
ミュンヘン工科大学を卒業後アメリカ合衆国へ渡り、1982年ビル・ジョイを誘い、サン・マイクロシステムズ社を共同設立した。
1995年にサンを退社後、デビッド・チェリトンと共に Granite Systems 社を設立し、ギガビットイーサネット技術の開発に従事する。
1998年、当時スタンフォード大学の学生であったラリー・ページとセルゲイ・ブリンに10万ドルの小切手を渡し、
Google に初めて投資を行う。2001年、チェリトンと共に Opteron サーバメーカーの Kealia 社を共同設立。
2004年2月、サン・マイクロシステムズに買収され、それに伴いベクトルシャイムも古巣へ復帰。
現在の役職名は「ネットワークシステム担当上級副社長兼チーフアーキテクト」である。

細かいことを一々話している暇はないから、とりあえず小切手だけ渡しておこう。
【覚書き|Google創業者ふたりが学生起業家だったころ、Googleのデモ画面を見ながら言った言葉。このときGoogle創業者ふたりに投資した資金が数年後大きな富をベクトルシャイムにもたらすこととなる】

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ