「アンドリュー・メロン」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドリュー・メロンのプロフィール

【アンドリュー・メロン】アメリカ合衆国の銀行家、実業家、慈善家、美術品収集家。
1921年3月4日から1932年2月12日までアメリカ合衆国財務長官を務め、所得税減税や公共支出削減などの経済政策を実施した。
財務長官退任後、駐イギリス大使として渡英した。そして1年間の大使生活を送った後、第一線を退いた。退職後、メロンは積極的に慈善活動に参加し、教育・文化・研究活動に対する資金援助を行った。
生涯を通じて、メロンは可能性を秘めた人物や考えに対して、躊躇うことなく援助を投じた。1937年8月27日、ニューヨーク州ロング・アイランドのサウサンプトンで死去。その後メロンの子供たちの手により、メロンの功績を称えて、アンドリュー・メロン財団が設立された。
財務長官就任前の1913年に設立したメロン工業研究所は、1900年にアンドリューカーネギーによって設立されたカーネギー技術学校に合併されカーネギー・メロン大学となり現在でも多数の技術者を輩出している。

雇用を清算し、株式を清算し、農民を清算し、不動産を清算せよ。ともかく経済から腐敗を一掃しろ

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ