「岩本栄之助」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩本栄之助のプロフィール

【岩本栄之助 いわさき・えいのすけ】日本の明治から大正に活躍した株式仲買人。1877年、両替商の家に生まれる。
大阪市立商業学校(現・大阪市立大学)を卒業後、日露戦争に従軍。知将として名高い児玉源太郎の副官を務め、陸軍中尉となる。終戦後、家業の株式仲買人となる。熱狂相場の極点と 言われた狂瀾怒涛の時代に大成功を収めて仲間を救い、「義侠の相場師」「北浜の風雲児」と騒がれ、一躍日本中に知られる存在となる。
明治42年、大阪の代表と して渡米実業団の一員の選ばれ、一流の実業家が勢揃いする中、33才という若さで日本代表の一人として渡米する。米富豪の、公共事業に財を投じ遺産を慈善 事業に寄付する行為に感銘を受け帰国後、私財100万円(現在の50億円)を投じて大阪市に中央公会堂を寄贈。
大正5年、第一次大戦の株バブル時に逆張りし、全力売りを行ったため相場で大損失を被る。10月22日、中央公会堂の完成を待たず陸軍将校時代に使っていたピストルで自殺。享年39才。

君はそう言うけどな、相場だけは明日はわからんのやで。相場は全て結果論なのや。君の助言で、今までの売り玉をやな、損見切りしてドテン買いに回った時、それを天井にして相場が下がったらどないする?相場の道は孤独なものや。一人で仕掛けて、一人で耐えて、最後の勝負を収めればそれでよいのや。 助言はいらん。

その秋を またで散りゆく 紅葉かな
(覚書き|株式相場で大損し、全財産を失い、39歳で自殺したときの辞世の句)

理知に動かず、意気を貴び、小さな利害を目的とせず、潔く戦う。

人間はな。三十すぎたらなんでもええから後に残ることせなあかんで。而立というのはそういうこっちゃ。(覚書き|而立、じりつ=論語の一節。子曰く、吾十有五にして学を志し、三十にして立ち、四十にして惑わず・・・の三十の部分。独立するという意味)

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ