「ビル・ゲイツ」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビル・ゲイツのプロフィール

【ビル・ゲイツ】米国の実業家。1955年、シアトル生まれ。マイクロソフト社の共同創業者・会長。ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長。
高校生のとき、友人のポール・アレンとともにトラフォデータ社を創業。
ハーバード大学コンピュータ科学専攻に入学し、スティーブ・バルマーと知り合う。
その後、マイクロソフト社を創業。IBM社によって開発されたパソコン向けにOSを開発する仕事を受託し、その成果としてMS-DOSが誕生。
その後発表されたWindowsは1990年代後半、OSとしては世界1位の市場占有率となり、彼の名が世界に知れ渡る。2006年、個人資産は推定530億ドル(日本円で約6兆2000億円)で13年連続の世界一となっている。
現在は第一線を退き、妻とともにビル&メリンダ・ゲイツ財団を運営し世界の貧困解消を進めている。

自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだけだよ。的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

ポールも私も、大企業でソフト開発に携わった経験があったので、管理が行き届いていることが時にマイナスであるこ とを知っていました。我々が一番望んでいたのは、人材や開発ツールに投資することにより、優秀な人材が集まって楽しく仕事のできる環境を作ることでした。
【覚書き|ポール=マイクロソフトの共同創業者のポール・アレンのこと。マイクロソフトの経営から身を引き現在はファンドを運営している】

私は起業家という言葉をいつも拒否してきました。「会社を始めよう、何の会社にしようか」では決して成功はないと思います。私は何よりもまずソフトウェアの開発者なんです。

「知識は力なり」というふるい諺があるが、これはときとして人に知識を独占する気持ちにさせる。知識を独占することで自分が欠かせない存在になると信じるからである。たびたび、直感が頼みの綱になる。

リスクを負わないのがリスク。成功は、最低の教師だ。この20年間は信じられないような、冒険の日々だった。切羽詰まったときにこそ、最高の能力を発揮できる。

毎日毎日『勝ちたい』という気持ちで出社しなければならない。人間にはものを考える時間が必要だ。

自他ともに認めあった頭のいい少数の人間で仕事をするとき、効果は最大になる。悪い知らせは、早く知らされなければならない。力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

効果的な慈善活動を実現するには多くの時間と創造力が必要だ。それは、一つのビジネスを興す場合に必要な目標とテクニックと同じ類のものだね。

将来においては2種類の会社があるだろう。
ウェブサイトを持つところと、廃業したところ。

ゴールドラッシュは猛烈な投資を引き起こすことが多い。そのうちの一部は成功するが、熱狂が終わって振り返った時、失敗に終わった企業の山を見て、首をかしげることになるだろう。「いったい誰がこんな企業を設立し、たのだろう」「何を考えていたんだ」「熱狂だけでここまで馬鹿なことをしたのだろうか」と。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ