「ヘンリー・フォード」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘンリー・フォードのプロフィール

【ヘンリー・フォード】米国の実業家。米国自動車メーカー大手フォード社創業者。1863年、ミシガン州ディアボーン生まれ。幼少期から機械いじりを趣味としていた。
見習い機械工として働いた後、ガソリンエンジン工として就職し、1888年には製材所経営によって経済的安定を得る。その後、エジソン照明会社の技術者となり、幾多の実験の末、1896年、はじめての自作4輪自動車の製作に成功する。
エジソン照明会社を退社し、デトロイト自動車会社を創業。副社長兼チーフ・エンジニアに就く。その後、ヘンリー・フォード・カンパニーを設立するが、他の共同起業者たちから社を追われ、フォード・モーター・カンパニーを創設した。
自動車レースインディ500の最初期の後援者ともなった。エジソンとの交流は退社後も続き、事業家仲間・技術者仲間・よき理解者として生涯家族ぐるみの付き合いを行った。エジソンの研究所が火事で焼失した際にすぐに多額の援助を行ったことでも知られている。

今こそ大きなチャンスの時である。だがそれを知っている人は実に少ない。たいていの者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。

若者は自分を人と違ったものにする個性の種を一つでも探し出して、全力を尽くして育て上げることだ。社会と学校はこの種を奪い、誰も彼も一まとめに同じ鋳型に押し込めようとするだろう。だが、この種を失ってはいけない。それは自分の価値を主張するための、ただ一つの権利だから。

どんな企業でも、お金を必要とするときが危険なのではなく、成功して楽に資金が調達できるようになったときこそ、危険なのである。

自分で薪を割れ、二重に温まる。

もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。

学び続ける人は、たとえその人が80才でも若いと言える。逆に、学ぶことをやめた人は、20才でも年老いている。人生で最も素晴らしいことは心をいつまでも若く保つということだ。

もし世界から五十歳以上の人たちの経験と判断をすべて取り除いてしまったら、世界を動かす脳も才能も残らないだろう。

将来を恐れるものは失敗を恐れておのれの活動を制限する。しかし、失敗は成長に続く唯一の機会である。まじめな失敗は、なんら恥ではない。失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む。

障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。一直線に目標だけを見なさい。障害が目に入らないように。想像できることなら、誰にでもどんなことでもできる。努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。

あなたが「できる」と思おうと「できない」と思おうとどちらも正しい。
Whether you believe you can do a thing or not, you are right.

現代の悩みは、人が自分のために何かをしてくれるものと期待している人間が多すぎることだ。今日の大部分の問題の解決は、自分で何かをする一人一人の中に見出される。あら探しをするよりも改善策を考えなさい。

汽車のように早く、そして馬のようにどこへでも走れる乗り物が欲しい。

年寄りは若いときに貯金をしろと言うが、それは間違っている。最後の一銭まで貯めようなどと考えたらいけない。自分に投資しなさい。私は40歳になるまで、1ドルたりとも貯金したことがない。財産は来るもので、作るものではない。

自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。

結果がわかっていなくても前進することだ。やってる間に結果もでよう。何が可能で、何が不可能か、はっきり言い切れる人はいない。あわてると何一ついいことがない。

成功の秘訣というものがあるとすれば、それは、常に他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立ち場からものごとを見ることのできる能力である。

市場が良い商品で飽和することはないが、すぐに悪い商品で飽和する。

不潔な工場に善良な職工なし。

お金しか生み出さないビジネスとは、粗悪なビジネスである。利益以外生み出さない企業は、好ましくない種類の企業である。奉仕を主とする事業は栄え利得を主とする事業は衰える。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ