「アーヴィング・フィッシャー」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーヴィング・フィッシャーのプロフィール

【アーヴィング・フィッシャー】アメリカ合衆国の経済学者、健康運動家。
最も初期のアメリカ新古典派経済学者の一人であり、最初の有名な米国経済学者とされるが、彼の今日の評価は恐らく彼の生前よりも高い。彼は貨幣数量説 を復活させて物価指数の初期の提唱者の1人となったほか、フィリップス曲線や無差別曲線への重要な貢献をおこなった。フィッシャーの分離定理を提案したと 言われている。また国際フィッシャー効果およびフィッシャー方程式も彼にちなんで名づけられたものである。

投資信託の影響は、おおむね相場の投機的な変動の山と谷を抑える方向に働き、相場の安定をもたらす要因になる。投資信託は、基本的な要因のために株価が上昇すると予想された時に買い、下落すると予想された時に売るため株価が本来的な価値に近い水準で取引されるようになる。

アメリカは「どこまでも高くそびえたつ高原」を行進している。

貨幣数量説は究極的には、あらゆる人間の財の中でお金だけが持っている根本的な特異性に依存している。つまりそれがそれ自体では人間の欲望を満たすことはなく、欲望を満たすようなモノを買う力しかないということだ。

『貨幣数量説』は移行期には厳密にも絶対的にも成立しない。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ