「ジャン・バティスト・セイ」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャン・バティスト・セイのプロフィール

【ジャン・バティスト・セイ】フランスの経済学者、実業家。1767年生まれ。自由主義経済による競争と自由貿易をを賞賛。供給が増えると需要も増えるというセイの法則の提唱者。彼の思想は後の新古典派経済学に強い影響を与える。熱烈な共和主義者であり、義勇兵としてオーストリア・プロイセン諸国連合軍との戦争に参加している。共和主義者協会の主筆となり、フランスリベラル学派の創始者、指導的立場となる。

ナポレオンのクーデター後に法制委員会の財務担当に就任。法制委員会を罷免された後、フランス北端のカレーに移り、綿工場を設立。これが大成功し、経営株を転売して裕福になると、パリに戻り投機家として暮らした。
1816年には王立大学の経済学教官に招聘。その後、王立工芸大学の産業経済学の教授として迎えられる。その後、経済学者としてははじめて第一大学に迎えられる。

供給はそれみずからの需要を創造する。

彼(アダム・スミス)は、生産および消費という一大現象を完全に明らかにしたでしょうか。彼は、どうして商業が実際には生産的だということを示したでしょうか。彼は、実質的高価と相対的高価についての観念を解明したでしょうか。この論者に精通しているあなたが、もし私が学問をいくらかでも進歩させたとお考えになるのでしたら、私にお知らせ下さい。

国家の経済は、支払いうるだけの販路を提供するのであって、より多くの支払いは、追加的な生産品に対して行われるのである。貨幣は相互の交換を一度におこなうための仮の穴埋めであって、交換が終わってみれば生産品に対しては生産品が支払われている。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ