「是川銀蔵」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

是川銀蔵のプロフィール

【是川銀蔵 これかわ・ぎんぞう】日本の投資家、相場師。最後の相場師と称される人物。激動の時代に翻弄されながらも、時には目の前の金をドブに捨てることも厭わない信念と人間味にあふれた人生を送る。是銀の愛称で親しまれる。
幼少期に貿易会社に丁稚奉公に出される。その後、関東大震災後に仮設住宅用のトタン板の販売などで初めての財を築く。
恐慌を経験し経済・投資、世界情勢について独学を開始する。
1933年に大阪堂島で「昭和経済研究所」(後の是川経済研究所)を設立。1938年に朝鮮半島に是川鉱業を設立。従業員1万人を雇用する朝鮮有数の大企 業となった。相場師として市場で話題となったのはすでに晩年となった昭和50年代に入ってからで1976年の日本セメント、1979年の同和鉱業、1982年の不二家、1983年の丸善石油、平和不動産の株買い占め、仕手戦で名前が知られた。最も良く知られたものは1981年から1982年にかけて の住友金属鉱山の仕手戦であった。最終学歴は小学校卒。晩年は私財で交通遺児などの支援を行う是川奨学財団を設立。社会福祉に力を入れた。相場師には珍しく終始質素な生活を旨としていた。

是銀の投資5ヶ条

  1. 銘柄は人が奨めるものではなく、自分で勉強して選ぶ
  2. 二年後の経済の変化を自分で予測し大局観を持つ
  3. 株価には妥当な水準がある。値上がり株の深追いは禁物
  4. 株価は最終的に業績で決まる。腕力相場は敬遠する
  5. 不測の事態などリスクはつきものと心得る

是銀のカメ三則

  1. 銘柄は水面下にある優良なものを選んでじっと待つ。
  2. 経済・相場の動きからは常に目を離さず自分で勉強する。
  3. 過大な思惑はせず、手持ちの資金で行動する。

『時代を先読みする目』を買え。一度でも大勢を誤っていたら、私は消えていたはずだ。

人間には一生のうち二度や三度のチャンスはある。それを生かすか殺すかの決断のために、日常の努力と精進、そして真面目といった理論と実践とを通 じて日夜思考の訓練を重ねることが成功への確率を増進する。そのために数多くの真剣勝負を経験し、勝負勘を養うことだ。「勘」とは、経験の集積から湧き出 る真実的総合判断なのである。

相場の道、すなわち孤独に徹すること。

勝つことのみを知りて負けることを知れざれば、害その身に至る。(覚書き|投資の極意を尋ねられ徳川家康の遺訓を引用した言葉。大儲けしてしまうと気が緩み、取引や分析がぞんざいになってしまいがちなことを戒めている)

相場は天井において最も強く見え、底において最も弱く見えるもの。

株式投資ならば相手は不特定多数だし、一人で勝負ができる。思惑が成功しても失敗しても自分の責任の範囲だ。それにいくら儲けようと誰にも恨まれることはない。

インフレになれば「地価は必ず暴騰する」。

買って、売って、休む。これが商売で成功する三筋道なのだ。これはまさに株で相場を張ると同じ呼吸なのである。

人口が4千万人しかいない国では、永久に一流国家などにはなれないことは歴史が証明しているのだ。戦争に一度や二度負けても再び立ち上がってくるのは、人口が多い民族なのである。

戦争に負けるか勝つかの瀬戸際にきているのだ。もし勝てばこっちは国策会社だ。いくらでも片はつく。負ければ借金はクズになる。大問題になっても かまうもんか、戦争に勝っても負けてもしまいだ。紙クズ同様になるのは分かっている。モノは考えようである。私は戦時下の経済というのをちゃんと計算して行動していたのだ。

若い者に政治をやらせなければ先は開けない。

軍備増強はおカネの動きで分かる。経済力があってこそ、わたりあえる。

経済には永遠の繁栄もなければ、永遠の衰退もない、これこそ資本主義の本質なのだ。

分からんことがあったらお父さんに聞きなさい、あとは自分でやりなさい。

人生、のるかそるかの勝負の時があったら僕はやります。しかし、外れるような危なっかしいことはやりません。安心しとってください。

腹八分目に医者要らず。自然に供給された食べ物をとれば百年は生きられる。酒と梅毒を避ければ。(覚書き|是銀は短命になりがちな相場師でありながら95歳まで生きた)

大暴落の翌日は買って買って買いまくる。

現在は、コンピュータで在庫管理をし、生産調整ができるため、インフレになる可能性が少ない、このため恐慌再来はまずない。(覚書き|この後、日本は不動産を原因としたバブル崩壊を経験するが犯罪の激増や餓死者が大量に出るような社会を根底から覆すような旧来の恐慌には至っていない)

1980年代の株価暴落の原因は、機関投資家と称され、余剰資金を持つ生命保険会社や信託銀行などの、大口の投資家がその有り余るカネで株を買 い、相場をつり上げ操作していた結果。苦労して稼いだ自分のカネなら大事に使うのだろうが、他人のカネということでその扱い方がズサンなのだ。自分の実力 以上の思惑に走ってしまうのである。

日本の税制は株で儲けても巨万の富が築けるような仕組みにはなっていない。

これまで証券界百年を越える歴史の中で『大相場師』『大勝負師』と言われる人はたくさん出てきた。ところが一人の例外もなく、せいぜい続いて4 年か5年、株の世界をパッと賑わしただけで消え去ってしまっている。これが株式投資の世界における勝負師といわれる人間の運命なのである。

株を利用し利益を得る。たしかにまじめに取り扱い着実な方法で勉強し、利殖の材料にできるかもしれない。しかし、株にはまり巨万の富を得、大金持ちになりたいとの目的では失敗する。

私にとって経済の研究は、最高の芸術なんや。芸術というものは、作者の純粋な気持ちを注ぎ込んで、情熱を持って作りあげられた作品が芸術として認められるわけですね。だから、例えば画家が全身全霊を打ち込み、一心不乱になってキャンパスに向かっているときの心境と、私が株式投資をやってるときの心境とは相通ずるものがあるのや。

たとえ失敗しても、なんぴとにも非難されないような正々堂々たる失敗をしたいと思っている。これは株式投資だけではない。いかなる場合であろうとも、天下の正道を歩む。それを貫く信念のもとに生き抜くべきであろう。人間は金の奴隷ではないのだから。

私はつねづね、人の不幸に乗じてカネを儲けたくない、そう思ってきた。それが私の人生観であり、もっとうである。

男がいったんとりかわした約束は例え口約束でも反故に出来ん。約束は守って当然や。わしは二枚舌を使った経験など一度もない。(覚書き|住友金属鉱山との取引時の発言)

天下の住友ともあろうものが、相手が破産寸前だからと、十億も二十億円もの価値のあるものを買い叩こうなど、そんな残酷なことはおやめなさい。これから大事業をやろうとしている時に、そんな精神では成功しませんぞ。相手が弱っておれば、それだけ高い値段で買ってあげなさい。(覚書き|住友金属鉱山が鹿児島県菱刈金山に高品位金脈を発見した時の発言。当時の菱刈金山は金脈が尽きたと言われており破綻寸前だった)

私は1日1日、それこそ真剣勝負をやっておるんです。失敗しても誰も助けてはくれんし、自分の努力で運命を開拓していく以外、生き残る道はない。 だから私は一秒、一分間に全力を傾けて真剣勝負を続けました。だからどんな状況の時でも正確な判断が要求され、それを下してきた。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ