「野村徳七」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

野村徳七のプロフィール

【野村徳七 のむら・とくしち】日本の実業家。初代とその息子の2代目徳七がいる。
1878年、大阪府生まれ。両替商の初代の長男で野村財閥を築いた二代目。幼名は信之助。
大阪市立商業学校に入学。予科在学中に肺炎になり休学。本科への進学は断念し家業に専念する。
野村商店(後の大阪屋証券、現コスモ証券)は公債や株式を扱うようになり1907年、信之助が徳七を襲名し運営。進歩的な営業方針や学校で教育を受けた人材を積極的に採用するなどして、日露戦争、第一次世界大戦の相場で大きな利益を得る。
1918年には、大阪野村銀行(後の大和銀行、現在のりそな銀行)を設立、証券部は野村證券として独立する。
野村財閥の創始者として大阪野村銀行、野村證券の他、野村合名会社、野村東印度殖産会社の社長、大阪瓦斯、福島紡績等の取締役を務めた。

株は高く買って安く売れ。

株屋・相場師などと軽蔑されるのは、ただ目の前の利益に追われるからで、会社の資産内容を良く検討し、業績・将来性などを調査研究することが大切。【覚書き|徳七は科学的な投資法を確立するため野村証券の前身、野村商店に株式市場研究の調査部を設置。大阪商業大学に大阪経済研究所設立のため多額の資金を寄付する。】

北浜街ただ一人の親友を失のうてしまった。【覚書き|親友=相場師岩本栄之助のこと。北浜街=大阪証券取引所のある北浜。明治40年日露戦争後の株式大暴落で親友が全財産を失い自殺した時の言葉。その時、徳七は栄之助と真逆の読みで大きな財を得た】

何と云われようとも自分一人でやりました。潔く罪に服します。【覚書き|若いころ兵隊時代に仲間がある駅長から侮辱されたことに憤慨し、その駅長が勤める駅舎を仲間数人と襲撃した後の言葉。ともに襲撃した仲間のことは一切語らず一人捕まることを選択する】

常に一歩前進することを心がけよ。停止は退歩を意味する。

企業を経営するのに、危険を恐れすぎて九割九分までの確実性を要求するのは不可である。むしろ多くの人に変わって合理的に危険をおかすことにこそ、企業家の本分がある。

人材を養い、有為の人物を蓄え、適材を適所に配するは、資本力以上に大いなる財産である。

私が命を賭けて考へたことだから、決して間違ふ筈はない。【覚書き|明治40年の日露戦争後株式大暴落直前に鴻池銀行へ多額の融資を申し込んだ時の言葉。徳七は暴落を予測し売りに回っていたが株価が下がらず資金難に陥っていた。この融資を受けたことで持ちこたえ、暴落が予想通り起こり大きな富を得る】

相場は、狂せり。
【覚書き|明治40年1月に大阪野村商報に掲載した意見広告キャッチコピー。当時日露戦争直後の株バブルが発生していた。徳七は市場が暴落すると読み大きな財をただ一人得る。一方、大阪公会堂を作った相場師岩本栄之助はこの暴落で全財産を失う】

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ