「酒匂隆雄」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒匂隆雄のプロフィール

【酒匂隆雄 さこう・たかお】元為替トレーダー。酒匂・エフエックス・アドバイザリー有限会社代表。
北海道大学卒業後、横浜銀行、外資系金融機関などで外国為替業務に従事。
現役時代、東京外為市場では業界の貴公子と称され、
東京マーケットでその名を知らない者はいないとまで言われるほどの敏腕ディーラーとして活躍。
2000年に日経アナリストランキング為替部門1位を受賞するなど、コメンテーターとしても高い評価を得ている。
2001年に 慶応義塾大学グローバルセキュリティ・リサーチセンターに研究員として就任 。
現在では、一部の個人投資家にとっての重鎮もしくはグル(guru、師)のような存在として知られている。

レバレッジを大きく効かせない。あくまでも効率の良い投資を考えているのなら、投機的なマインドだけで取引をしては駄目。損切りをきっちりと行う習慣を付けなさい。これらを自己規律として守っていれば、利益機会が大きく増える。

相場は、「動かない」を除けば、「上がる」か「下がる」かのどちらかしか無い。勝負は、「引き分け」を除けば、「勝つ」か「負ける」かのどちらかしか無い。どっち付かずの「動かない」と、「引き分け」を除けば、相場は上がるか下がるかであり、勝負は勝つか負けるかのどっちかである。

市場で「オプションの防戦売り・防戦買い」が話題になったら、そのストライク・プライス(約定価格、行使価格)と思しき相場の前後では相当抵抗して、すんなり切れないことがある。ところが、一旦切れるとオプションを売っている連中のヘッジと、キャッシュで防戦を行った連中の怒涛の投げが始まるので、相場の動きが増幅される可能性があることを覚えておいて頂きたい。

上がると思ってあるレベルで買って、そこが大底でそのままズンズン相場が上がって行くことはまず無い。下ると思ってあるレベルで売って、そこが大天井でそのままズンズン相場が下って行くこともまず無い。多かれ少なかれ、いや少なかれ多かれ、大きな確率で相場は逆に動く。

「ポジション無し・寂しい病」に掛かってはいけません。もっと易しく利益を上げるチャンスは幾らでも有ります。

「タラ」「レバ」(何々をしておいタラ=結局は、何々をしなかった。何々をしていレバ=同じく、何々をしなかった)で悩むくらいだったら、何かおやりなさい。特に今まで円安になるであろうなと思っていた方々は。新たなポジションを取れ、と言っているんではないんですよ。リスクポジション(高レバレッジ・高リスクのポジション)を減らしましょう、と言っているだけです。

相場が逆に行った時にも耐えられるポジションに留めておかなければならない。それは、普段は決して高いレバレッジを掛けて取り引きをしてはいけないことを意味する。

ある相場で売買が成立するということは、同じ相場を見て、「ここは売りだ」と思う人と、「ここは買いだ」と思う人がいることを意味する。そして、その売買の判断をするに当たって、自分の考え、情報、チャートなどを参考にする。誰が売って、誰が買っている。なんて、情報でも何でもありませんからね。他人のやっていることなど、お節介をやく必要無し!

フェアネス(公平)とアンフェアネス(不公平)が混沌とした為替市場で自分が決めた判断で取引をするというのは、スリルが有ると思いませんか?スリルをエンジョイするだけでは駄目!利益を上げなくては。やはり、その為には自己規律を守って、損は小さく、利益は大きくするように努力致しましょう。

レバレッジを高くすればするほど、相場が逆に動いた時(はっきり言えば、円高になった時)の対処が苦しい。
普段は低いレバレッジでこつこつとスワップ・ポイントを稼ぎ、ここぞと言う時は高いレバレッジを掛けて、がつんとやってやって下さいな。

為替、FXはゼロサム・ゲームではない。自分が勝ったら、誰かが負けているのではないか?などの詮索はそれこそ僭越である。自分はただ勝ち続ける努力だけしていれば宜しい。利益を上げて、立派な生計を立て、そしてちゃんと税金を払っていれば誰にも文句を言われる筋合いは無い。もしかしたら、多くの人が利益を上げるか、反対に多くの人が損をするかも知れない。皆で頑張って、そして皆で利益を上げるように致しましょう。

他人がやっている介入なんか当てにせず、自分の才覚で利益を上げたらどうなんだ!【覚書き|政府の為替介入がいつ来るかという質問に対する発言】

為替ディーラーにとっては、常識ですよ【覚書き|現在のポジション把握と損益計算とシュミレーションを行うことについての発言】

地道に行きましょう。余っている資金(余資)の効率的な運用に終始しましょう。そうしている内に、意外に大きな利益チャンスが生まれるかも知れません。

一旦、利喰いにしろ、損切りにしろ、ポジションをスクェアー(±0)にしたら、様子を見なさい。でなければ、中途半端なところで利喰うな。或いは損切りをしたのなら、暫く頭を冷やせ。直ぐに、ポジションを再構築してはいけない。

レバレッジを大きくするということは、借金をして預金をするようなもの。お止めなさい。スワップ・ポイント狙いの取り引きは、余りレバレッジを高くしてはいけない。

株式投資、ファンド、外為取引などの投資やお金に関する格言を掲載しています。

姉妹サイト:名言DB
仕事で使える名言を切り口にまとめた名言のデータベースサイト。経営者、起業家、ビジネスマン、コンサルタントなどの言葉を中心にビジネスで役に立つ情報を掲載しています。

ページの先頭へ